得するあれこれブログ

気になった事を書いています。

2011.12.04 Sunday 21:28

成功している人の真似

株式投資を始めようと思ったのは、何がきっかけだったでしょうか?

私は、本屋で見たZAIが、はじめて株式投資をやろうと思ったきっかけでした。そのときの特集がミニ株です。ミニ株だったこともあり、「10万円あれば株式投資が出来る」とも書いてあったのでしょうか?

証券会社へ口座開設し、20万円入金してはじめました。最初の取引は、オリエンタルランド。結果は、4,530円のプラス。
うれしかったですね。飛び上がるぐらいうれしかったです。

しかし、半年経つと、もっと多くの利益を求めるようになりました。
振り返るとこのときが、負けへの転換期だったのでしょう。オリエンタルランドの取引から、このころまで損益は、11万円の利益でした。このままコツコツとやっていれば良かったのですが・・・・。

そのころから、短期系の特集のある雑誌を読み漁り、短期系のホームページを好き好んで訪問するようになりました。

デイトレードでは、1日に数千円?数万円稼げるというような美味しい言葉にのせられて、短期へと取引を移行するのは時間はかかりませんでした。

取引は、雑誌と同じように値動きの大きい銘柄を追い求め、仕事が終わって帰宅しては、ランキングや企業の発表などを確認してました。

雑誌やホームページのデイトレーダーも、これだけ勝っているのだから私にも絶対できると信じていました。

でも違ったんですね。
多くのデイトレーダーが存在しますが、勝っているのは数パーセントにしかすぎません。たまたま勝っている人も居ますが、そのうち負けてしまいます。

私のホームページ仲間の人でも、多くのデイトレーダーの方がいらっしゃいます。ホームページを運営しているほどなので、それなりに結果も好成績です。
その人達を見てみると、デイトレードという取引で共通していますが、それぞれに投資方法が違うのです。自分で考え、研究しているのでしょう。

だから勝てるのでしょうか?

私は、デイトレードで負けましたが、まったくデイトレードがダメな投資法だとは思いません。ダメなのは、真似ばっかりしていて悪いところには蓋をしてしまい、良い所しか見ていなかった私自身に原因がありました。

マネーパートナーズ(マネパ)の評判
マネーパートナーズの詳細情報を知りたい方はこちらからどうぞ。
autor admin
-
-
-
2011.11.11 Friday 16:02

お金の流れが見えないとネ

正直なところ、借金ぱっかりで自由にやりくりできるお金はあまりないワタシ。

毎日スーパーで買い物しているわけでもなく、子どもやダンナさんに関する出費というのもありません。

ですから、細かい家計簿をつけなくても、把握できる程度なんですよね。もちろん、自称家計簿フェチでもあるので、手書きにせよ、パソコン入力のものにせよ、できればちゃんと家計簿をつけたいとは思っています。

ですが、手書きの家計簿も、帯に短したすきに長し。こんなにたくさんの借金を抱えている人間なんて世に存在しないと思っているのでしょうか・・。ローンや引き落としの欄が少ないのですよ。

なので、まず月々のお金の流れを把握するこめにこんなシートを作りました。

画像が小さいんですが、何種類かに色分けしているのはわかると思います。

1.一番上の黄色いところは収入です。

給与明細をもらったら、入力。もし前月の繰越金やネット収入、保険の配当金とか臨時収入があったら入力します。これで、その月の収入がわかります。

2.2番目の水色。これは削りたくても削れない固定支出です。税金とか、退職金積立のもとになっているお金とか。これもほとんど給与明細からそのまま入力すればOK。
わたしの場合、独身ということで毎月9万円弱(含住宅ローン)家に出しています。なのでこれも入力。この部分のお金はいくら節約しても基本的に額が減らせないものです。


3.3番目の宇治金時色(^^ゞ。
これは生命保険・医療保険・個人年金などの保険類です。
固定支出に近いけれど、将来見直すことによって、減らせる可能性のあるものです。ちなみに毎月4万弱、年にして47〜8万払っていることになりますが、配当金が6〜7万入ってきます。


4.4番目のオレンジ色。
わたしの支出のメイン、ローン返済です(^^ゞ。
毎月の支払い予想額を入力。カード・ローン以外にも、生協やカード年会費・プロバイダ代・ネットで買い物した代金などつい忘れがちなものも入力。主婦の方なら、項目名を変えて食費や教育費、衛生費など大雑把に入れてみては?(多目に予想しておいた方がいいデスヨ)
    
5.最後のピンク色が、収入−固定支出−保険代−ローン代=やりくりできるお金ということになります。だいたい毎月5万前後残る計算になるので、3万は日々の小遣いに(1日1000円計算)、1万はそれでは出せない1000円以上の本代とか、クリーニング代とか、趣味関係に。残り1万は基本的に使いたくないけれど、行きたい飲み会などがあった場合に。

これで、とりあえず毎月の給料の流れは把握できます。最近はオークション収入やら、アフィリエイト収入やら、カードで支払いをしてコツコツポイントを貯めると金券がもらえたりとか、意外と別収入もあるかもしれません。

「やった!臨時収入だ!」とばかりにすぐ遣ってしまうとビンボー体質。ないものと思ってためると貯金体質ですよね。そういう面では、まだまだわたしは自分に甘いのでこれからの課題です。

モビットのキャッシング評判
三菱東京UFJグループモビット。信頼度抜群のモビットでキャシングを成功させましょう。
autor admin
-
-
-
1 / 1
ARCHIVES
USER LIST
OTHER INFO
RECOMMEND ITEM